浴室やお風呂のリフォームにかかる費用

お風呂のリフォームというのは、サイズやタイプによっても異なりますが、戸建住宅の場合には、100~150万円、集合住宅の場合には、50~100万円というのが相場となっています。どうして戸建住宅と集合住宅で差があるのかというと、集合住宅はユニットバスが多いのに対して、戸建住宅は在来工法の浴室が多く、撤去費用や補修工事などの余分な費用がかかるため、割高になるケースが少なくありません。お風呂には大きく分けると、在来工法とユニットバスがあります。在来工法は、昔ながらのタイル張りの浴室で、自由度が高く、自分の理想のお風呂場づくりができるというメリットがあります。

そのため、新築時には在来工法で浴室を作成する人も少なくありませんが、リフォーム時には、価格を抑えるためユニットバスを選択する人がほとんどです。ユニットバスは、規格が決まっていますから、そのサイズにあったユニットバスしか設置することができません。また、リフォームでユニットバスを設置するためには、壁や床を解体する必要がありますから、費用がかさんでしまいます。ユニットバスは、工場で生産したユニットを、現場で組み立てていく工法となりますから、工期も短く費用も抑えることができるというメリットがあります。

また、在来工法よりも防水性に優れ、保温性も高いため、お湯が冷めにくく床が乾きやすい為、カビが発生しにくいというメリットがあります。ただ、デザインがパターン化されていますし、サイズも決まっているというデメリットもあります。トイレのつまりと漏れのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *