福岡の修理専門会社が実施する浴槽つまりの修理法

入浴をすることは、我々人間にとっては欠かすことが出来ない生活習慣といえるでしょう。全身を清潔に保つことで健康を維持することができ、また温かい湯舟に身体を浸せば気持ちをリフレッシュさせることもできます。入浴設備である浴室には必ず浴槽が備わっており、汚水を下水道へと流す排水管も備わっています。この排水菅はJISで直径4cmと定められており、髪の毛等の異物を流すと浴槽つまりを起こす恐れがあります。

九州を代表する大都市・福岡では、年間約21万件もの浴槽つまりが発生しています。この数値は東京・大阪に次ぐ全国で3番目に多い件数であり、これに比例するかのごとく福岡では水道修理専門会社も多いのが特徴です。福岡の水道修理専門会社のホームページを閲覧すると、浴槽つまりの修理方法が紹介されているところを多く見受けます。修理方法でもっとも用いられているのが「高圧洗浄法」というもので、水と圧縮空気の力を併用した修理方法です。

福岡で発生する浴槽つまりでなされる修理方法が「高圧洗浄法」であるのは、市内に張り巡らされている下水道管の直径が小さいことが要因として挙げられるでしょう。通常であれば直径15cmの大きさですが、福岡ではその1/3の8cmとなっており、浴槽つまりを修理するのに使用するワイヤーブラシを用いることができません。そのため、排水口から高圧の水を流し込んで、異物を下水道へと押しやる修理方法が採用されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *