福岡でも多い浴槽つまりの原因

お風呂を楽しんだあとは、栓を抜いて浴槽のお湯を流すことになります。スムーズに流れることが理想ですが、以前と比べて流れが悪くなったと感じている人もあるのではないでしょうか。お湯がなかなか流れないという場合は浴槽つまりが発生している可能性があります。浴槽つまりの原因になるのは皮脂汚れや石鹸カス、さらに髪の毛などもあげられます。

シャンプーボトルのふたやカミソリの刃、ヘアピンなどの異物を落としてしまった場合も、排水管のどこかでつまっている可能性があります。福岡の家庭でも多いトラブルですが、流れの悪さを放置しているとさらに悪化する可能性もありますので、流れにくいと感じた場合は早めに対処しましょう。福岡のホームセンターでは、浴槽つまりの解消に役立つ様々な商品が用意されています。排水管の汚れを落とすことも大事ですが、この場合はワイヤーブラシが役立ちます。

金属でできていますので、あまりに力を入れてこすると排水管を傷める可能性もあるので慎重に行いましょう。このほかでは、ラバーカップやパイプクリーナーで対応できる可能性もありますので、まずは自宅でできる改善策を試してみることがおすすめです。浴槽つまりが無事解消できたら、異物を落とさないように気をつける、まめに清掃をするなど予防もしていきたいところです。頑固なつまりになると対応できない場合もありますので、福岡で評判の高い水道業者に相談してみましょう。

お風呂は使えなくなるとかなり困る場所なので、早めの対策が大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *