雨漏りには火災保険が適用される可能性があります

雨漏りの解消となると、多くの場合で屋根を修理する必要が出てきます。小規模な破損や不具合ならあまりコストの心配もありませんが、仮に大規模な修繕となると数十万円の費用が掛かることも珍しくはありません。雨漏りはできる限り早く対策を取るべきことなのにも関わらず、そこまでの費用が要るとなると大変です。しかしこの修繕は、保険の適用が利く可能性があることも知っておかなければなりません。

その保険の種類とは、火災保険です。火災保険は読んで字の如く火災が起きた際に適用されるものですが、実は建物に関する様々な事案にも幅広く適用させることができます。雨漏りもそこに含まれており、風災というジャンルの補償に当てはめ費用の負担をしてもらうこととなります。そして無事風災として認めてもらえれば、数十万円のところが無料となるわけです。

ただし適用には、雨漏りをするほどに屋根が傷んでしまった原因が、風によるものだと証明されなければいけない場合があります。とはいえ多くの原因が台風による劣化であるとされていますので、そこまで厳しく現場を確認されるまでには至りません。あるいは修繕のコストの見積もりが20万円を超えていなければ、会社によっては火災保険を適用しない場合も考えておく必要があるでしょう。つまりは20万円以下で済むものなら、自動的に自己負担になってしまうということです。

ここは意外と見落としがちな部分でもありますから、肝心の雨漏りが起きる前に入念な確認をしておくのが賢明と言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *