実は雨漏りにも火災保険が使えることがある

火災保険と言えば、マイホームを購入するとほとんどの場合でセットで入るものです。そして、こういったものは万が一のものでそうそう使うことはない、と考えている方がかなりいるようで、補償を受けたことがない、という人が多いようです。しかし、実はこの火災保険、雨漏りを始めとしてかなり様々なことに使えることが多いのです。雨漏りと言えば、家にとっては一大事です。

屋内が水に濡れるのは生活に支障を来たしますし、濡れては困る家具や寝具などは最悪の事態では買い直しになることだってあり得ます。しかもそれだけではなく、家の内部にある木材が湿ってしまうことで徐々に腐ってしまい、構造そのものにダメージを受けてしまうこともあり得るのです。なるべく早く修理をするのが一番ですが、例えば屋根の修理などになってしまうとかなり金額となり、放置してしまう方もいます。ですが、火災保険が使えるのなら話は別です。

雨漏りと火災には何の関係もないようには見えますが、実はこういった保険には火災以外にも、風災、水災など様々な被害に対応していたりもするのです。そして、雨漏りの場合に使うのは風災です。つまり、強風によって家が被害を受けたということで補償を受けるのです。補償を受けるには保険会社に認めてもらう必要がありますが、実は修理業者の中にはこの手の申請などが得意で、相談にのってくれるところが多くあります。

雨漏りを修理する際には、そういったところも相談にのってくれるところを選ぶと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *