雨漏り被害の保険申請について

雨漏りがあった際に室内のクロスやフローリング、家財に被害がある場合があります。そのような場合でも火災保険を使用することにより、被害額の請求を行うことが出来ます。しかしながら、保険会社と直接やりとりを何度も行う必要があり、手続きが面倒なために負担がかかってしまいます。そのため、物件の管理会社に依頼して仲介してもらうとよいと思われます。

自分の家の雨漏り被害なのに管理会社に依頼するのは迷惑をかけてしまうと思われるかもしれませんが、管理会社も室内復旧の見積もりを保険会社へ申請する際には管理会社の利益を上乗せして提出しています。そのため、管理会社としても雨漏りの復旧工事は利益が出る仕事なので、遠慮することなく全てをお任せして構いません。室内復旧の際には、主にクロスやフローリングの復旧となりますが、基本的には被害にあった部分のみの復旧となります。そのため、一部のみ既存のものと色が違うという場合も出てきます。

それが嫌な場合には管理会社へ相談してみるとよいと思われます。保険会社と打ち合わせをして妥協案を持ってきてくれるはずです。また、室内の家財の損害については減価償却により、買った時の満額がおりないという点に注意が必要です。そのため、もし壊れてしまっては困るものは箱の中に保管するなどの方法を採って、保管方法に注意する必要があります。

このように、火災保険は火災のみならず雨漏りにも対応出来ます。したがって、やはり万が一に備えて加入しておくべきだと思われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *