雨漏りは火災保険補償される?

一般的な火災保険とは、建物(住宅、店舗、事務所、工場など)や動産(家財、商品、備品、機械設備など)が火災や爆発事故、自然災害(風災、水災、雪災や地震など)によって損害を受けた時にその損害を補償するものを言います。しかしながら、契約内容によっては全ての災害が補償されるとは限りません。以下では、今回のタイトルである『雨漏りは補償されるか』について述べていきます。1どのような災害で発生したか。

雨漏りと一口に言っても、どのような災害によって発生したか、その原因によって補償されるかされないかが決まってきます。多くの家庭が加入している住宅火災保険では、水害(台風、暴風雨、洪水など)によって発生した災害は残念ながら補償されません。しかしながら、火災などの消火活動の際に発生した水漏れなどは補償されます。2雨漏りなどの水害に対処するには。

水害による災害を補償してくれるのは、住宅火災保険を更に拡充した住宅総合保険に加入する必要があります。こちらは、水害のみならず建物外部からの物体落下・衝突・持出し家財の損害補償など、より幅広い範囲で補償してくれます。※現在は、契約内容(補償範囲)を自らが指定する商品も販売されています。3雨漏り以外の水漏れの例雨漏り以外にも、日常生活では様々な水害が発生する可能性が十分にあります。

その例が水道管が破裂したことによる家財への被害です。こちらも住宅総合保険に加入していれば、補償されるケースが多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *