保険を使って雨漏り修理

お住まいの家が雨漏りし始めたらすぐに修理してもらわなければいけません。しかし、どこに修理の依頼をすればいいのか、どのように伝えればいいのかわからないと思います。新築住宅を購入したり、注文住宅を建てた場合、屋根や外壁などには10年保証がついている事が多く、その間に雨漏りしたり他の不具合が発生した場合には、自分が修理費用を払ったり保険を使う必要はありません。10年以内の雨漏りの場合、屋根や壁に飛来物などで穴が開いたり、割れたりしない限り雨漏りが発生する事はまずありません。

しかし、施工不良や何らかの不具合が発生している場合の雨漏りは家を建てた業者に修理してもらう必要があります。業者によっては何かと施主の保険を使おうとする会社もあるので、状況などをしっかり説明してもらい、自分たちに落ち度がない物ならば業者が修理し、保険も使いません。このような10年保証期間ではなく、台風や災害などで家に関する不具合が発生した場合、これは保険を使って修理しなければ費用が沢山掛かってしまいます。特に最近多い地震や、突風などによる被害は想像を超える物があり、修理するにもかなりの時間と費用が掛かってしまいます。

こういった場合、業者に相談すると保険の事やその申請の仕方などをしっかり教えてくれますし、分りにくい場合には役所や相談窓口などで説明してもらえます。使わなくていい物は使わない、使わなければいけない物は面倒くさがらずしっかり使うことで無駄な出費を防ぐことが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *