火災保険で雨漏り修理

雨漏りは、火災保険で修理することができます。雨漏りの症状が出ると、外壁のひび割れなどと違い生活に支障をきたし早急な対応が必要になります。このようなときに困るのが修理費用です。雨漏りの修理には、100万円以上かかる場合もあります。

しかし、ほとんどの方が加入している火災保険を適用することで、屋根の修理費用を出してもらうことが可能です。火災保険はその名のとおり、火災の場合に利用するものですが、実際には幅広い保障をしてくれます。一般的な火災保険の主な補償内容として・火災・落雷・風災、雹、雪災・水災・破裂、爆発・水濡れ・盗難・外部からの物体落下等・騒じょう行為などがあります。実際にその補償を受けられるかどうかは、保険証券などでの確認が必要になります。

そして、補償の中に「風災」がありますが、この風災が雨漏りを直してくれるのです。風災とは、台風により屋根が吹き飛ばされたり、強風で窓が割れたり、屋根瓦が飛ばされてしまった場合のことを指します。注意が必要なのは、強風での被害であることです。強風の定義は、「強風とは通常と異なる強い風のことを言い、平均風速15m/s以上、20m/s未満が強い風、20m/s以上、30m/s未満が非常に強い風、30m/s以上が猛烈な風」とされています。

風災を適用させる条件は、・強風であること。・風災被害に遭った日から3年以内に申請する。・修理費用が20万円以上であること(補償条件による)。この風災補償により、雨漏りをなおす事ができるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *