家に水をかけて雨漏り箇所を特定してもらいました

2階にある寝室の壁に、大きなシミのようなものができてしまいました。最初の頃はシミのサイズが小さかったので、壁紙に汚れがついたのだろうと思っていました。しかし、時間の経過と共にシミのサイズが少しずつ大きくなってゆき、気がついた時にはかなり大きなシミになっていました。どう見ても外側から付着した汚れではなく、壁の内側から滲み出た水の跡に思えたので、雨漏り調査の専門業者を家に呼ぶことにしました。

そういう種類の業者を利用した経験は1度もなかったので、インターネットの口コミサイトを見て、プラス評価が多い業者を探しました。その結果、我が家からほど近い所にとても評判の良い業者がいることが判明しました。すぐに電話をかけて家に来てもらったのですが、雨水が浸入する可能性がある箇所に水をかけ、その水がどこへ流れていくかを目視で確かめるという方法で、雨漏り箇所を突き止めてもらうことができました。我が家の場合は、屋根に原因がありました。

瓦が古くなっていただけでなく、下地もダメになっていたため、屋根から雨水が入り込んでいました。その調査業者が屋根の葺き替え工事も行っているという話を聞いたので、思い切って軽い素材の屋根に葺き替えてもらうことにしました。雨漏りも困りますが、重い瓦屋根は地震の時に心配なので、折を見てもっと軽い素材の屋根に葺き替えたいと常々考えていました。そういう意味ではちょうどよい機会だったので、単なる修理ではなく、屋根の全面葺き替えを実施してもらうことにしました。

比較的短期間で工事を終わらせてくれたので、大満足しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *