子供服のアウター選び

子供服のアウターは、とりあえず何があればいい?

子供服を揃えていくうちに、アウターも準備していくことになります。子供服のアウターと言っても様々なものがあります。「とりあえず」で揃えるなら次のようなものがおすすめです。まず、春・秋ならウィンドブレーカーが便利です。

薄手でコンパクトに折りたためるウィンドブレーカーは、持ち運びがしやすいのでお散歩からアウトドアまで幅広く対応できます。ナイロン製なので汚れに強いのも嬉しいポイントです。次に、秋・冬なら中綿ジャケットがおすすめです。暖かいのに、軽くて動きやすいので子どもの動きを妨げません。

外遊びで汚れてしまっても、自宅の洗濯機で手軽に洗うことができるのも魅力です。その他、季節を問わず年間を通じてベストやカーディガン、パーカーがあると便利です。これらのアウターは屋外だけでなく室内でも活躍します。朝夕の少し冷える時間帯や、真夏にクーラーが効きすぎた室内でサッと羽織れば体温調節ができます。

また、子供服のアウターを選ぶ際には形にも気を配っておきましょう。形のポイントとしてはフードなし、紐なし、ファスナータイプが安心です。フードと紐は動き回っているうちに、遊具や木などに引っ掛かってしまう可能性があります。ボタンで留めるタイプだと、ボタンが取れてしまったときに口に入れて飲み込んでしまうことが考えられます。

そのため、ファスナータイプの方が安心です。冬はトレーナーやセーターといった厚着をしていることが多いでしょうから、ワンサイズ大きいアウターにしておくと着せやすいでしょう。いずれのアイテムにしても、手持ちの洋服との組み合わせを考え、着回しが効く色や柄のものを選んでおきたいですね。子供服のアウターのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です