生理周期アプリを活用して賢くスケジュール管理 - 月経(生理)アプリを使うメリット
  • 生理周期アプリを活用して賢くスケジュール管理

    毎月やってくる生理は、デリケートな女性の身体に様々な影響を及ぼします。

    生理周期のアプリの情報サイトはこちらです。

    始まる前の1〜2週間頃に症状が出るPMS(月経前症候群)は精神が不安定になりイライラしたり、急に眠くなったり。

    始まってからは出血で服が汚れるかもしれないと気になって楽しいレジャー気分が台無し、酷い腰の痛みで起き上がれなくなることも。

    デートや旅行のプランを立てて、電話を切ったとたん生理の予定日と重なりそうなことに気がついて真っ青という事態は避けたいもの。

    そんなときに活用したいのが生理の周期を割り出して、予定日を予測してくれるアプリです。周期には個人差がありますが女性ホルモンでコントロールされているので、正常ならば一定の周期で月に1回やってきます。


    アプリに開始日を入力して周期を割り出せば過去の生理日から数ヶ月先の予定日まで、かなり正しく予測できます。



    学習機能があるので使い続ければ、入力されたデータを基に当たる確率も上がるのです。

    アプリで予定日と周期をしっかり把握しておけば、大事な用事と予定日が重なるトラブルが避けられます。


    重なることが事前に分かれば、婦人科を受診して月経をずらす薬を処方してもらえます。



    予定日と排卵日も予測できるので、妊娠の可能性が高い期間と低い期間も分かるため、妊活と避妊に最適です。

    1日ごとの基礎体温や体重、出血量、お肌の調子、痛みや気分などのコンディションの記録が残せる機能があるアプリは毎月の体調のリズムが分かるので、身体がむくんで急に体重が増えたりニキビができても、生理の影響と分かっていれば焦る必要もないのです。

    妊活に特化したアプリもあるので使いたい、欲しい機能から選べるのです。